みんなのつぶやき - MIRROR MANAGER

取引に係るリスク

金融商品のお取引には、以下のようなリスクが発生します。

価格変動リスク

金融商品のお取引には、その投資対象の価格がお客様にとって不利な方向に変動した場合、損失を被ることになります。また、マーケットの変動如何によっては、元本割れ若しくは元本を上回る損失を被る可能性があります。

金利変動リスク

金融商品のお取引には銘柄によって金利が発生する場合があります。外国為替証拠金取引の場合、仮に金利の高い外貨を買い建てしている時にはスワップ金利を受け取ることができますが、売り建てしている時には逆に支払いが生じます。債券指数先物取引や公社債取引の場合、一般に市場金利の上昇により債券価格が下落し、逆に市場金利の下落により債券価格が上昇します。

為替変動リスク

外貨建で投資する場合、外国為替相場の変動により当該資産に対して円高になることにより、損失を生じることがあります。

カントリーリスク

外国市場に投資する場合、当該投資対象国のインフレ、国際収支、外貨準備高等の悪化、政治不安や社会不安あるいは他国との外交関係の悪化、政府当局による海外からの投資規制の導入や政策や税制の変更等によって株式市場、債券市場や為替市場に影響を及ぼし、その結果投資資産に損失を生じることがあります。

信用リスク

金融商品のお取引には、金融商品を取り扱う金融機関財産状況の変化・破たんにより、お客様の資産や委託証拠金が当該金融機関固有の資産として債権回収の対象となり、その結果損失を生じることがあります。また、株式や株価指数先物取引を行う場合、発行体の経営・財務状況が悪化し、価格が下落し、その結果損失を生じることがあります。

流動性リスク

金融商品によっては、市場に十分な需要や供給がない場合や取引規制がある場合、期待される価格で保有銘柄を売却、または権利を行使できず、その結果損失を生じることがあります。

電子商取引に関するリスク

電子システムを利用した取引では、売買注文の入力を誤った場合には意図した注文が約定しない、あるいは意図しない注文が約定する可能性があります。 また、電子取引システムを利用する際に用いられる口座番号、パスワードなどの情報が、窃盗、盗聴などにより漏れた場合、その情報を第三者が悪用することによりお客様に被害が及ぶ可能性があります。 また、システム機器、通信機器等の故障、アクセス集中等により、取引の停止や処理の遅延が起こる可能性もあります。